チームウェアを作成する方法

スポーツにおいてユニフォームを着る場合、個人種目以外の多くはチームウェアとしておそろいのデザインのものを作成するでしょう。部活動であれば学校名を入れたり、実業団であれば所属チーム名を入れたりします。チームウェアを作ると一体感や団結力を高めることができるので、多くのチームが作成しています。チームウェアはデザインを作って業者にオーダーすれば簡単に作ることができるのです。

業者へのオーダー方法

基本的にチームウェアのオーダーはインターネットを使って依頼することが一般的です。インターネットには数多くの業者がホームページを持っているので、どのお店が評判なのか気軽にチェックすることができます。

自分たちの拠点となる場所とお店の位置を考慮して、身近な場所で営業している業者に依頼をすることで送料を少なく抑えたりできるでしょう。業者によっては一度に大量発注すると送料が無料になったり、値下げをしてくれたりするサービスがあります。

事前に必要となること

オーダーする業者を決めた後は必要になるものを準備しましょう。チームウェアのもととなるTシャツは業者側で用意してくれるところがほとんどですが、チームウェアにプリントする文字やマークなどのデザインは、事前に作成しておく必要があります。

業者へのオーダー用紙と一緒に完成デザインのデータを合わせて送付することで、仕上がりのイメージを業者に伝える必要があるのです。これはチームウェアに限らず、普通のTシャツを特注する場合と同様です。

業者ごとに異なるメリット

チームウェアの作成をオーダーする業者ですが、選ぶ段階で気にしておくべきポイントがあります。それは作成可能枚数や仕上がりまでにかかる時間、合計の費用などです。

複数の業者を見比べずにオーダーしてしまうと、後々違う業者のほうが安く仕上がったなどの失敗につながってしまうので、しっかりと比較してどの業者がお得なのか把握しておきましょう。大量に発注する場合は発注枚数に応じて割引サービスがある業者も少なくないので、ホームページに書かれている内容を読み込んでおきましょう。

チームウェアは効果が高い

仕上がったチームウェアを仲間たちと着ることでチームの結束を図ることができます。特に団体種目のスポーツをしている場合は、結束力の高さが重要になるので、チームウェアを作成することは必須となるでしょう。

業者へのオーダー時に気をつけることを意識しながら、賢く作成することが望まれます。個人で作成する場合も、一枚から受け付けている業者がありますので心配する必要はありません。

sachinyanさん(@reopmiyup)がシェアした投稿

もっと見る