仲間とお揃いのチームウェア

スポーツチームや部活メンバーなどでお揃いのチームウェアを作成することがあるでしょう。ユニフォームなどは市販品のものをカタログで注文して、所属名などはゼッケンで補うといったスポーツチームなどもあるかと思いますが、昔も今も人気がある手段としてオリジナルのチームウェアを作成してしまうという方法です。

現在はチームウェアを作成する方法が多くなっているので、いつでも簡単に依頼を出すことができるのです。

インターネットでお手軽注文

オリジナルのチームウェアを作成する方法として、現在ではインターネットで業務を請け負っている業者に依頼することが一般的になっています。インターネットの業者ホームページに必要な事柄が記載されていますので、それに従って要項を伝えるだけで簡単に作成依頼を出せてしまうのです。

作成にかかる費用は発注枚数や使用する素材によって変わってきますが、団体で作成する場合は値引きしてもらえる可能性もあるので、事前に情報を読み込んでおくと良いでしょう。また、業者によっても基本費用が変わってくるので、数社比べてみることも大切です。

デザインを選択するオリジナルウェア

チームウェアの作成方法は自分たちですべてを考える必要はありません。費用は高くなってきますが、利用するメーカーによってはデザインのテンプレートが掲載されていて、そこから組み合わせていくこともできるのです。

シャツの部分に入れたいデザインや、シャツに合うデザインのパンツなど組み合わせて作成できるので、仲間たちと一緒に話し合いながら自分たちだけのオリジナルチームウェアを作成できるでしょう。

機能性を追求することも大事

Kenneth Tanさん(@orangeboxprint)がシェアした投稿

市販品ではなくオリジナルを作成しようとするので、どうしても費用がかさんでしまうこともあるでしょう。

そこで無駄な費用をなくそうと削れる部分を削ることも大切なのですが、試合などで着用するウェアというのは機能的であることが求められるので、多少費用が掛かることであっても機能は妥協しないようにしましょう。

無駄に安いだけのウェアにしてしまうと逆に損をしてしまう可能性もあるので、費用だけを意識するのではなくて機能にも注目しておきましょう。

業者への問い合わせも活用

普段からチームウェアを作成する機会というのは多いものではないので、作成時に分からないことが発生するかもしれません。説明などが記載されていれば問題ないのですが、何も記載されていない場合は業者に問い合わせてみましょう。

作成するにあたっての細かいサポートや親切な業者であればおすすめなども教えてくれるので、躊躇する必要はありません。また、問い合わせたときの対応によって、信頼できる業者かどうかもわかるのです。

もっと見る